原付で絶景! 伊根湾の舟屋(京都府)

伊根舟屋

京都府丹後半島に位置する伊根湾の舟屋群を見に行ってきました。日本の原風景を感じる場所でした。

日本海を目指し北上。今回が最遠方になるのかなと思い片道140キロ頑張りました。

伊根湾の舟屋

伊根への集落に入るとすぐに遊覧船乗り場があります。まずは、海上から見てみることにしました。

伊根

出港前すでにカモメがおねだりです。背景の駐車場からも分かる通り当日はガラガラでした。

伊根

湾内では、養殖もされているのか複数の養殖いかだを見ることが出来ます。

カモメ

船が動き出すと大量のカモメが周りに集まってきます。カモメのエサとしてえびせんが販売されてます。

伊根の舟屋

舟屋が見えてきました。海岸線に沿ってびっしりと並んでいます。

伊根の舟屋

アップしてみるとこんな感じです。舟屋の由来である船を収める部分がよく分かると思います。

伊根の舟屋

大型の船を収容する小屋もありました。メンテナンス用の工場的なものでしょうか。丘の上に建物が見えますが、道の駅 舟屋の里公園です。ここからの景色もいいです。

とんび

伊根湾1周30分弱の遊覧になります。港に戻る間、大きめの鳥が勢いよく頭上を飛んでるなと思ったらトンビでした。

伊根

道の駅からの眺望です。湾の片側で反対側にも舟屋がたくさんあります。

伊根

全部入り切らないですが湾状になっています。真ん中の島が防波堤代わりになっているので湾内が静かです。また、南向きなので冬の北風がまともに当たらないので舟屋という形が形成されたのではないかと思います。

伊根

パノラマだとこんな感じです。海側から見ると当然ながら舟屋ですが、町側の通りを走ると細い路地がある街並みを見ることが出来ます。

伊根湾の舟屋

伊根浦公園として観光案内所の前に整備されています。10台程度の駐車エリアもありました。こちらからも間近に舟屋を見ることが出来ます。

集落内には、舟屋を改装して食事や休憩を取れる場所も出来ているようです。

今回、遠方でしたがたくさんの方がツーリングの目的地として来られていました。小排気量の原付で来る人はいないだろうと思ってましたが、何台も見ました。これからも色々と周辺見て廻っていきたいと思います。

伊根湾めぐり遊覧船についてもう少し詳しい情報はこちら から