福岡県 玄界灘(沖ノ島・小呂島)撮影記

沖ノ島

玄界灘にある世界遺産沖ノ島周辺へのダイブトリップに参加してきました。9月頃はクロマグロの群れを狙っての催行ですが、結果は如何に!?

小呂島

糸島にあるサンズさんのボートに乗船しまずは1時間ほどの所にある小呂島で1ダイブしました。エントリーして水深を下げているといきなりヒラマサの群れに当たりました。

小呂島

ヒラマサが通り過ぎると、黒い影が。近づくとイサキの大きな群れです。最盛期は終わっていますが、まだまだ大きな群れでした。群れに突っ込むと下の方には大きなクロホシイシモチの塊があったりと魚だらけです。

小呂島

魚に包まれつつ、ポイントの名前にもなっているワイドロックに到着。きれいなソフトコーラルがびっしりです。

小呂島

大きい方の根の間にはクロホシイシモチがいっぱいでした。

小呂島

ソフトコーラルもカラフルでどう切り取るか迷ってしまいます。

小呂島

振り返るとカタクチイワシがベールのように泳ぎまくっていました。周りをハガツオが狙って泳いでいたようです。

沖ノ島

小呂島に圧倒されもっと色々な所を潜りたかったのですが、沖ノ島へ。まずは、屏風岩へ。キンギョハナダイが乱舞です。

沖ノ島

根の上で待っていると下から湧き出て来るかのようにタカサゴにキンメモドキと混ぜこぜ状態です。クロマグロを根の上で待ってるのですが、視線は別方向です。

沖ノ島

2本目は西側の祇園周辺をドリフト。回遊魚狙いですが、キンギョハナダイが多すぎて根の周りに目が行ってしまいます。

沖ノ島

流していると突然大きなタカサゴの群れにぶつかったりと、魚が途切れません。

沖ノ島

この密度は遠くから見ても分かるほどでした。さすがにこれだけいると映えます。

沖ノ島

エグジット直前にツムブリとヒラマサの群れに遭えましたが、クロマグロは残念ながら逢えませんでした。でも、そんなこと抜きにしても十分満足の行く3本でした。

沖ノ島

沖ノ島周辺に住んでいるミナミハンドウイルカ達。運よく一度水中に入らせてもらえました。個体数が増えて人慣れしてくれるといいですね。

すごいポテンシャルを感じる海でした。まだまだポイントはあると思いますし開発されていくと思うので、是非またチャレンジしてみたいと思います。

SUNS DIVE(Discovery Cruise)の情報はこちら から