鹿児島 ダイビング撮影記2020 南さつま編

南さつま

鹿児島 錦江湾と南さつまでの異なったダイビングを体験してきました。今回は南さつま編です。

鹿児島のお店から車で約1時間の移動です。本日は、2ボートダイビングです。

南さつま

右側に港です。港から見える立羽島(中央)に沖合の神ノ島(左)です。まずは、神ノ島沖合のポイントへ。

南さつま

エントリーしてすぐ見せてもらったのが、クマノミの赤ちゃんたち。すごい数がひとつのイソギンチャクで共生してました。

南さつま

切り出すとぐっちゃりです。まだお子様だから色もオレンジでかわいいです。

南さつま

カラフルなソフトコーラルがたくさん根に群生しています。

南さつま

ウロコマツカサが穴の中で群れず、外をうろついている珍しいスポットのようです。

南さつま

アカヤギの群生地があります。環境なのでしょうか、一部のエリアに集中して固まっている光景は海流や栄養、太陽の光などベストな条件なのかもしれませんね。

南さつま

赤いイソギンチャク畑があります。他にも所々で普通のイソギンチャク見ましたが、ここだけ赤く群生してました。

南さつま

赤いイソギンチャク畑の傍らにハダカハオコゼがいました。台風で吹っ飛ばされなかったようです。

南さつま

2本目は、神ノ島と立羽島の間にある沈船ポイントへ。元々は木材運搬船だったようで、漁礁目的で沈められたようです。

南さつま

船体周りには、たくさんのソフトコーラルが見られました。

南さつま

船体の陰になるような場所ではコロダイなどの魚が群れていました。

南さつま

操舵室付近にはたくさんのネンブダイ系の魚でぐっちゃりしています。ユカタハタが周りをウロウロろしておりました。

前日まで風が強かったようで透明度が落ちていましたが、面白いダイビングでした。レンズ選択を間違った感もあったので、次回はワイドにマクロに再度挑戦してみたいと思います。

錦江湾に続き、今回もダイビングショップSBさんにお願いしました。

ダイビングショップSBさんの詳しい情報はこちら から

児島ダイビングなら鹿児島ダイビングショップ SBへ!初めてダイビングをする方からプロのダイバーを目指す方までサポートします。鹿児島でのスキューバダイビングは泳げない方・一人旅・グループでの旅行などご参加お待ちしております。