鹿児島 ダイビング撮影記2020 錦江湾編

九州での初ダイビングです。今回は鹿児島県錦江湾、桜島のふもとでのダイビングになります。

鹿児島港からフェリーで桜島へ渡りメインのポイント2か所潜ってきました。

桜島

フェリー到着したすぐ横がダイビングポイントになってます。桜島上陸後1分で到着です。

桜島

ポイント名は袴腰。遊歩道があったりトイレなど施設も整っています。

桜島

ビーチエントリーです。対岸に鹿児島市が見えます。都会を目の前にしながら海に入っていく変な感じがします。

アカオビハナダイ

錦江湾のお目当ては、アカオビハナダイの群れです。時期的に産卵した仔魚が増えて来ていて成魚がちらほら見える程度でした。

アカオビハナダイ

緑がかった海が特徴の錦江湾ですが、当日は思ったほど緑ではないなと感じていましたが見返すとやっぱり深めの所はグリーンでした。おおよそ30mくらいまでいくと思います。

アカオビハナダイ

生えものもたくさんあります。ソフトコーラルが多いですが、ハードコーラルもちょこちょこありました。

桜島

ムチカラマツがわんさか固まって生えている場所がありました。他のエリアでもたくさんありましたが、このエリアは特にたくさん群生していました。

桜島

浅場に戻ってくると、サンゴイソギンチャクが一面に群生していました。所々白化しかかっている個体もありましたが、そこらじゅうイソギンチャクでした。

桜島

1本目終了して無料の足湯で休憩。足湯に浸かりながらランチタイムです。

桜島休憩後、2本目のポイントへ移動。第5避難港です。桜島噴火時に使用される港のようです。

桜島

こちらもビーチからですが、防波堤から飛び込む感じです。階段があるので、階段の下まで降りてからですが。

桜島

潜水後、まずは一番深いところまで直行。途中20m付近から目の前が真っ黒。ナイトダイビング並みに真っ黒です。スナイソギンチャクにたくさんのアカホシカクレエビがついていました。

キサンゴ

光があまり無いからキサンゴも触手が全開で出てました。

アカオビハナダイ

根の周りでは、ちびっ子のアカオビハナダイが群れていました。

サクランボウ

火山灰の海底には、色々なハゼを見ることができますが錦江湾で外せないのがこちらネジリンボウです。この海域のネジリンボウは、鼻の先が赤くなることから桜島と掛けてサクランボウと呼ばれています。

サクランボウ

当日は、ワイドのみだったので切り取ったものになります。この個体はそこまで赤くないですが、火山灰が影響しているみたいです。

桜島

フェリーで鹿児島へ。桜島もきれいに見れました。

独特な環境の錦江湾でのダイビングでした。次回は産卵時期に婚姻色を発色しているオス狙いで来てみたいです。またマクロレンズも忘れずに持参してサクランボウ再挑戦です。

錦江湾でのダイビングは、ダイビングショップSBさんにお世話になりました。

ダイビングショップSBさんの詳しい情報はこちら から

児島ダイビングなら鹿児島ダイビングショップ SBへ!初めてダイビングをする方からプロのダイバーを目指す方までサポートします。鹿児島でのスキューバダイビングは泳げない方・一人旅・グループでの旅行などご参加お待ちしております。