ぶらっと撮影 タウシュベツ川橋梁 北海道上士幌町

タウシュベツ

北海道上士幌町にある糠平湖へタウシュベツ川橋梁を見に行ってきました!半年前にも夏のツアーに参加しようと試みましたが、時間が間に合わないかもという事で断念!今回は前日に帯広入りして行ってきました。

帯広から1時間半ほどで到着しました。途中の道路が心配でしたが、なんら問題なく時間前に到着。ツアーの受付をしてスノーシューを受け取り出発です。

往復4kmほど歩くようですが、そんなに遠いと感じませんでした。糠平湖は人工湖で冬場の電力確保のため水を放水するため徐々に水位が下がり少しずつ橋が見えてくるようです。この状態でもまだ下に橋脚はあるようですが、ある程度になると湖面を歩くことが禁止されるようなので2月中が狙い目です。

タウシュベツ

幻の橋とも呼ばれていますが、夏場は水源確保のため水を溜め込むので橋自体が水没してしまいます。数年前からいつ崩れても不思議では無いと言われていますが、なんとか痛々しい姿ですが保持しています。

タウシュベツ

また、メガネ橋とも呼ばれています。夏場、水面に反射してこの半円がまん丸に見えることから来ているようです。GWあたりから夏のツアーとして見れるようになるそうです。

橋脚の上側を見ると痛み具合がもっとよく分かります。立ち入り禁止エリアです。

氷

ツアーでは結構長い時間、自由な時間があります。橋を目的に多くの方が来られますが、最初の20分もあれば撮影はそこそこ撮れてしまうので周りをウロウロしていると湖面下にある氷がすごく透き通ってきれいです。

湖面が下がり、湖底にある切り株の上に氷が残って出来るきのこ氷が見れたりもします。これを中心に見るツアーもあるようです。

おそらくですが、アイスバブルってこの事だと思うんですね。たまたま見つけたんですが、氷の中に泡が閉じ込められているんです。これも別途近場できれいに見れるツアーを開催されているようです。

氷を見ているだけでもかなり遊べます。自然のこんなに厚い氷なんてそうそう見れません。

タウシュベツ

今回は、ひがし大雪自然ガイドセンターさんのツアーに参加させていただきました。冬のツアー、夏のツアーと色々と開催されていますので糠平湖周辺まで行かれる際には参考にされることをオススメします。

ひがし大雪自然ガイドセンターについてもう少し詳しい情報はこちら から

ひがし大雪自然ガイドセンター

ひがし大雪自然ガイドセンターについてのサイトです。主にタウシュベツ、ワカサギ釣り、士幌線、ニペソツ、ぬかびらの話題が中心。Twitter、Facebookもチェック!

次回タウシュベツ見に来るときはまだ橋の形を保持しているといいのですが。崩れる前にみなさんもぜひ!!