ケアンズ 日帰り観光 Cairns Tropical Zoo (アクティビティ・観光 プチ情報)

ケアンズ周辺には動物園が数箇所あります。その中でも多くのオーストラリア固有種の動物たちをはじめ、世界各地の動物たちを間近で観察することができるケアンズ トロピカル ズーに行ってきました。

ケアンズからおおよそ30分ほど車で北上します。メインの道路に沿ってあるので、すぐに分かります。

園内には、周辺で捕獲されたワニが飼育されています。毎日数回餌付けショーも行われています。海水・汽水域で生息する大型のものから淡水でのみ生息するもの、さらにアメリカのアリゲータも飼育されています。

カンガルーは、あるエリアで放し飼いされているので餌付けしたり触ったりすることができます。ワラビーなど複数種が飼育されてます。

ディンゴ。見た目まんま犬です。餌もらった後だったみたいで、餌の皿くわえてウロウロしていました。

ウオンバット。カンガルー同様有袋類です。コアラより個人的に好きです。

カソワリー。和訳ではヒクイドリとなってますが、結構、凶暴らしいです。野生を見たことがありますが、あまり近づかない方がいいみたいです。攻撃的らしいので(特に繁殖期)。

そして、オーストラリアの動物代表格コアラ。葉っぱ食べてるか、寝てるかですね。この時も下の枝に腰掛けて、上の枝にぶら下がってるんですが寝れるんでしょうか?

世界各地の動物たちも見れます。マダガスカルに生息するワオキツネザル。

カワウソもいます。その他にもまだまだたくさんの動物たちがいます。

久々に行くと新しい動物が入ってました。ジャコウネコの仲間のようです。以前はレッサーパンダが入ってました。

園内には、爬虫類館もありヘビ・トカゲ類が展示飼育されています。

昔一世風靡したエリマキトカゲです。こちらもオーストラリアの内陸部に生息しています。

カメレオンもいます。ケアンズ周辺の小さな川やゴルフ場などでもWaterdragon(トカゲの仲間)などが生息していますが、そんなトカゲも飼育されてます。

以前は、爬虫類館の狭い空間にいたコモドドラゴンも専用の大きな所に移ってました。イモト効果で知名度が上がった動物のひとつではないでしょうか。

以前は、年間パスを購入して動物撮影の練習をよくしました。数年ぶりのトロピカルズーでしたが、残念ながら2016年3月31日をもって閉園してしまいます。飼育されている動物たちは系列のHartley’s Crocodile Adventuresに移されることになっているようです。また、時期をみてそちらにも行ってみようと思います。