ケアンズでの天体観測 2017年1月

night sky

昼間があまりにもの快晴だったので、久々に星空を拝みに行ってきました。

夜空といえばマリーバです。ケアンズは町明かりがあるというのもありますが、東側以外が高い山で覆われているので観察には不向きなんです。

south sky

真南の空です。雲ひとつ無い快晴とまでは行きませんでしたが、天頂付近は雲が無くおおむねコンディションは良好でした。遠くのほうで雷が鳴っているのが暗いので余計に分かり迫力がありました。

false cross

今回は、時間も限られていたので南十字星付近を中心に撮影しました。まずは、これ南十字星ではないです。ニセ十字です。実質的な星座ではなく、ほ座とりゅうこつ座の一部から構成されています。

diamond cross

少し隣にあるこの十字が、南十字星!でもありません。ダイヤモンドクロスです。こちらも星座ではなく、りゅうこつ座の一部から構成されています。

diamond cross

少し引いて見て見ると、南半球の星雲イータカリーナ星雲のすぐ隣に位置していることが分かります。

southern cross

そして正真正銘の南十字星です。ちょうど年明けくらいから水平線(地平線)から上がってきます。他の星に比べて等級も明るいので、ケアンズ市内でも見ることができます。

night sky

イメージしやすくすると、こんな感じで並んでいます。観察する時期や時間により位置関係が変りますので注意してください。ちょうどダイヤモンドクロスと書いているあたりが天の南極になりますので、そこを中心に時計回りに回転します。

2016年は、年明け早々に観察でき多くの機会があると期待しましたが結果数度チャレンジしたものの濃霧に覆われたり、観察後に雲に隠れたりで散々でした。2017年はより多くの機会があることを期待したいです。

(注意)この時期の観察は、寒くなく気候的には快適ですが蚊の襲撃に遭います。必ず虫除けスプレーを忘れずに持っていってください。


スポンサーリンク